はじめて来た方へ

「Historia Donaufederaiha」とは? このブログではオリジナルの架空歴史『ドナウ連邦建国史』についての歴史や小ネタなどを書いています。 『ドナウ連邦建国史』とは? 「架空歴史」と呼ばれる史実とは違う方向に歩んだ歴史についてのジャンルに属すもので…

目次

随時更新中です。 登場人物 donau.hatenablog.com donau.hatenablog.com 本編 WW1 オーストリア革命史(1) donau.hatenablog.comオーストリア革命史(2) donau.hatenablog.comフランス赤色革命史 戦間期 ドナウ連邦 donau.hatenablog.com donau.hatenablog…

本間雅晴

本間雅晴(1887-1960)は日本の軍人。ドイツ領インドシナの戦いで知られる。

松井石根

松井石根(1878-1950)は日本の軍人。対中軍事顧問団創設の立役者としても知られる。

ポルトガル史

エスタド・ノヴォ 冷戦時代 ユーラフリカ 対テロ戦争 ギニア アンゴラ モザンビーク カーボベルデ サントメ・プリンシペ 東ティモール ゴア 1974年以降

ルドルフ・ディールス

ルドルフ・ディールス(Rudolf Diels、1900-1957)はドイツ臨時政府の官僚、政治家。ゲシュタポ局長、フロレンツ警察副長官。

エルンスト・ウーデット

エルンスト・ウーデット(Ernst Udet、1896-1955)は、ドイツ帝国、ノイプロイセンの政治家、パイロット。民族突撃隊航空軍団指導者。ゲーリングとウーデット(1952年)

ハインリヒ・ヒムラー

ハインリヒ・ヒムラー(Heinrich Luitpold Himmler、1900‐1977)はロシア、ドイツ帝国、ノイプロイセンの政治家。民族突撃隊大将、汎プロイセン同盟全国農業指導者。

石原莞爾

石原莞爾(1889-1949)は日本の軍人、思想家。満州事変の首謀者として知られる。最終階級は大将。

戦間期日本史と大東亜戦争

ここでは、戦間期からWW2にかけての日本について解説する。 東アジアをめぐる覇権闘争 前史 満洲建国以降 対日経済封鎖 日本の国内史 概要 大東亜戦争の経過 初戦 戦争の長期化 大東亜会議 対露参戦と苦い勝利

ダグラス・マッカーサー

ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur、1880‐1941)はアメリカの軍人、陸軍元帥、独裁者。アメリカ内戦においてガーナー大統領に対しクーデターを起こし、内戦の直接的原因をつくった。航空機事故で悲劇的に死亡した。 来歴 フーヴァー政権下にて クー…

『ドナウ連邦建国史』執筆日記 第3回

アメリカ内戦記事の執筆が終わり(マッカーサーやロングなど人物伝が書き終わっていないが)、建国史は戦間期〜WW2の設定を一通り終えて冷戦編に突入しつつある。冷戦編執筆に当たり、国家を超えた巨視的な視点から戦後世界を眺め、冷戦がどのように進展し、…

バタイユ・ド=ドゥーヴル

「バタイユ・ド=ドゥーヴル」または「仏英航空戦」とはWW2における一連の航空戦である。左:爆撃を受けたイギリスのロンドン、右:市街地が焼失したフランスのカーン 背景 戦役の経過 ベドケール爆撃 カプリコルヌ爆撃とフランティック爆撃 ジゼル爆撃

アメリカ・サンディカリスト国

アメリカ・サンディカリスト国(CSA)とは1937年1月の武装蜂起でイリノイ州、インディアナ州、オハイオ州、ミシガン州の一部で成立したサンディカリスト政権である。アメリカ内戦勃発の引き金となり、一時はアメリカ北部のほとんどを支配しつつ、1946年に滅…

アメリカ内戦

アメリカ内戦とは、1937年から1946年にかけて北アメリカで行われた一連の争乱である。これにより各陣営合計約3000万人が死亡した。 前史 世界恐慌 ダストボウル ボーナスアーミー事件 内戦直前の政治情勢 内戦の経過 1936-37年 大統領選挙と内戦勃発 「善良…

反帝協定

反帝協定とは、フランスとドナウを現加盟国とする反帝国主義の国際的連帯を謳った条約網である。日本において批准した際は「帝国主義ニ対スル協定及附属議定書」と名付けられた。 歴史 加盟国

『ドナウ連邦建国史』執筆日記 第2回

前回はこちら: donau.hatenablog.comお題箱に来た質問の回答を中心に書いていきます。 お題箱はこちら:https://odaibako.net/u/Donaufedebotところで、最近FFである「いち」氏(ichi_kun_12_)が『ドナウ連邦建国史』に着想を得たmodを作っているようで、…

ユレ・フランツェティッチ

ユレ・フランツェティッチ(Jure Francetić、1912-1942)はクロアチアの保安指導者。ボスニア・ヘルツェゴビナにおける全権委員。

ヴェコスラヴ・ルブリッチ

ヴェコスラヴ・ルブリッチ (Vjekoslav Luburić、1913-1969)はドナウ連邦とクロアチアの保安指導者、クロアチアにおける収容所総監。

イヴォ・ヘレンツィチ

イヴォ・ヘレンツィチ(Ivo Herenčić、1910-1978)はドナウとクロアチアの保安指導者、クロアチア保護領警察長官、連邦議会議員。

アンドリャ・アルトゥコヴィチ

アンドリャ・アルトゥコヴィチ(Andrija Artuković、1899-1988)はクロアチアの政治家、クロアチア保護領内務大臣、国璽尚書。右はクロアチア保護領議会での演説中(1942年)

ミレ・ブダク

ミレ・ブダク(Mile Budak、1889-1953)はクロアチアの政治家、クロアチア保護領宣伝・文化大臣。ミレ・ブダク宣伝・文化大臣。右は1932年の暗殺未遂事件の際。

アンテ・パヴェリッチ

アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić、1889-1957)はクロアチアの政治家、ファシスト。クロアチア独立国の元首。

ゲラニウム作戦とドナウ占領下の旧ユーゴスラビア

ゲラニウム作戦とは、1939年9月1日に開始された、ドナウ連邦軍によるセルビア侵攻を指す。WW2最初の戦役であり、これにともないユーゴスラビアを支援するイタリアがドナウに宣戦布告し、戦争はさらに拡大することとなった。ユーゴスラビア軍とドナウ軍装甲部…

ドナウ連邦国防委員会

ドナウ連邦国防委員会とは、ローゼッカ政権以降活動していた戦争における最高指揮機関である。 役割 組織と構造 1938年以前 陸軍総司令部 参謀本部 1938年以降 国防委員会(WW2ごろ) 陸軍総司令部 海軍総司令部 空軍総司令部 郷土防衛軍

ハンス・ラウター

ハンス・アルビン・ラウター(Hanns Albin Rauter、1895-1975)はドナウの保安指導者、連邦保安省次官。

ヴィルヘルム・ハルシュター

ヴィルヘルム・ハルシュター(Wilhelm Harster、1904-1991)はドナウ連邦の保安指導者、バルカンにおける連邦保安・警察上級司令官。1945年、バルカンGPK就任時のハルシュター(右から二番目)

エンゲルベルト・ドルフース

エンゲルベルト・ドルフース (Engelbert Dollfuß、1892-1982)はドナウ連邦の政治家。

パールフィ・フィデール

パールフィ・フィデール(Pálffy Fidél、1895-1960)はドナウ連邦の官僚、政治家。 1944年

ミロスラフ・レフツィーグル

ミロスラフ・レフツィーグル(Miloslav Rechcigl Sr.、1904-1973)はドナウ連邦の政治家、農本主義者。