フランスコミューン

バタイユ・ド=ドゥーヴル

「バタイユ・ド=ドゥーヴル」または「仏英航空戦」とはWW2における一連の航空戦である。左:爆撃を受けたイギリスのロンドン、右:市街地が焼失したフランスのカーン 背景 戦役の経過 ベドケール爆撃 カプリコルヌ爆撃とフランティック爆撃 ジゼル爆撃

反帝協定

反帝協定とは、フランスとドナウを現加盟国とする反帝国主義の国際的連帯を謳った条約網である。日本において批准した際は「帝国主義ニ対スル協定及附属議定書」と名付けられた。 歴史 加盟国

宥和外交について

宥和外交とは、一般に戦間期におけるイギリスによる対仏外交方針を指す。言い換えるならば「戦略的譲歩」である。ここでは戦間期に行われた対仏宥和外交について述べる。 列強各国の外交方針 イギリス ドイツ ロシア 宥和外交の進展 1935-37年 1938年 宥和外…

第二次世界大戦における東部戦線

東部戦線とは、1941年から46年までロシア、ウクライナ、ベラルーシ、バルト、カフカスなどで起きた一連の戦いである。枢軸国と同盟国が激突し、約2000万人以上が死亡したとされる。 前史 交戦国・交戦戦力 枢軸国 同盟国 戦局の推移 1941年 1942年 1943年 19…

ヴァルミー作戦とドイツ本土の陥落

初のWW2記事。まだまだ書き足らないので後日小ネタを追加します。 ヴァルミー作戦(L'opération Valmy)またはライン戦役(Rheinschlacht)とは1940年5月から6月にかけて行われた戦役である。この結果、ドイツ本土は陥落しドイツは降伏した。 前史 戦力 枢軸…

フランスコミューンの概要

「フランスコミューン」、通称「フランス」はヨーロッパ大陸に位置する国家である。ここでは、1919年から1946年までのいわゆる戦間期からWW2終戦までの期間を取り扱う。クーデターを歓迎する労働者。掲げているポーズはドゴールへの忠誠を示す。(1932年) …

戦間期フランスコミューン政治史(後編)(更新中)

donau.hatenablog.com こちらの続き。 WW1に敗北しコミューン国家となったフランスだったが、失政が続き内乱寸前まで追い詰められていた。そのようななかの1932年7月20日、シャルル・ド=ゴール少将率いるフランス人民軍は蜂起し、独裁体制が始まった。 クー…

戦間期フランスコミューン政治史(前編)

敗戦と新たな革命 「窮乏の時代」 中道の没落 ド=ゴール立つ

国旗一覧

特にオリジナル国家や史実と異なるものを紹介。