ウクライナ

反帝協定

反帝協定とは、フランスとドナウを現加盟国とする反帝国主義の国際的連帯を謳った条約網である。日本において批准した際は「帝国主義ニ対スル協定及附属議定書」と名付けられた。 歴史 加盟国

宥和外交について

宥和外交とは、一般に戦間期におけるイギリスによる対仏外交方針を指す。言い換えるならば「戦略的譲歩」である。ここでは戦間期に行われた対仏宥和外交について述べる。 列強各国の外交方針 イギリス ドイツ ロシア 宥和外交の進展 1935-37年 1938年 宥和外…

ウクライナ史

ロシア二月革命に伴い、ウクライナでは自治組織「ウクライナ中央ラーダ」が発足した。この「ラーダ」とは評議会を意味し、ロシア語のソビエトと同義である。しかし中央ラーダはメンシェヴィキや民主派で構成されており、十月革命で臨時政府を倒したボリシェ…

ウクライナ人民戦線政権の機構(執筆中)

国家の組織 歴代議長 全ウクライナ中央執行委員会議長 人民委員会議議長 党中央の組織 中央委員会 歴代大会 政治局 書記局 歴代政治局員・書記 1937年 1938年 1939年 1940年 1946年 その後 はしゃぐフルシチョウ首相

第二次世界大戦における東部戦線

東部戦線とは、1941年から46年までロシア、ウクライナ、ベラルーシ、バルト、カフカスなどで起きた一連の戦いである。枢軸国と同盟国が激突し、約2000万人以上が死亡したとされる。 前史 交戦国・交戦戦力 枢軸国 同盟国 戦局の推移 1941年 1942年 1943年 19…